患者さんへ

HOME > 患者さんへ > 主な対象疾患 > 多発性骨髄腫 (MM)

主な対象疾患

多発性骨髄腫 (multiple myeloma: MM)

多発性骨髄腫は血液細胞の1つである形質細胞が「がん化」して増殖し、種々の症状を引き起こす病気です。形質細胞は白血球の一種であるリンパ球が分化・成熟した細胞で、健康な人の体内では病原菌から体を守る免疫グロブリン(抗体)というタンパク質を作る働きをしています。多発性骨髄腫では、骨の中にある骨髄のあちこちで(多発性)がん化した形質細胞が増殖し、Mタンパクと呼ばれる異常な免疫グロブリンを産生・分泌します。 この病気の原因はまだ分かっていませんが、患者の多くは60歳以降の高齢者であり、加齢がリスク因子であることは明らかです。一般には年単位でゆっくりと進行する慢性の経過を辿る病気ですが、個人差があり、急速に進行・悪化する場合もあります。

多発性骨髄腫の症状

最も多い症状は背中や腰の痛みです。多発性骨髄腫は骨を侵すため骨が脆くなり骨折しやすくなるからです。また骨が侵された結果、骨に含まれているカルシウムが血液に溶け出して血中カルシウム濃度が異常に高くなる高カルシウム血症も見られます。貧血による倦怠感、腎機能低下も頻度の高い症状です。この4つの症状は骨髄腫の代表的な症状で、頭文字(CalciumのC、Renal insufficiency=腎障害のR、Anemia=貧血のA、Bone lesion=骨病変のB)をとってCRABと呼ばれます。CRABの他、体の免疫力が低下して感染症にかかりやすくなる、血液中のM蛋白が増えて血液がドロドロになり血行障害を来す過粘稠症候群などの症状も見られます。

骨髄腫の病期

M蛋白の量や、CRAB症状の有無などで決めるDurie&Salmon分類、血清アルブミンとβ2ミクログロブリンの量で決める国際臨床病期分類があります。

骨髄腫の治療

骨髄腫は進行こそゆっくりですが、完治が困難な病気です。したがって治療の目標は病気の進行を抑え、症状を和らげることです。他の血液がんの治療同様、骨髄腫の治療にも化学療法と放射線療法が用いられます。以前はMP療法(メルファランとプレドニゾロンの併用)が標準的治療でしたが、その後新規薬剤が登場し骨髄腫の治療はここ10年で大きく様変わりしています。現在日本で使用できる新規薬剤はサリドマイド、ボルテゾミブ、レナリドミドの3種類です。これらの新規薬剤を治療開始早期から積極的に使用することで治療成績が向上することが分かっています。骨髄腫は高齢者に多い病気ですが、その中で比較的年齢が低く、全身状態が良好な患者では自家末梢血幹細胞移植を併用した大量化学療法が、標準的な治療として行われます。

患者さんへ
外来診療のご案内
主な対象疾患
診療実績
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
久留米大学医学部 内科学講座
血液・腫瘍内科部門
〒830-0011
福岡県久留米市旭町67
TEL:0942-31-7852
FAX:0942-31-7854
  • 久留米大学 セカンドオピニオン外来
  • 久留米大学
  • 久留米大学病院